宿泊施設助成

宿泊施設利用助成制度

保養施設

酒田市中小企業共済会と各施設との間に、割引利用契約を締結しています。

助成額

1泊2日を原則として、会員及び家族 1人につき1,000円の助成券を発行します。
ただし、1年度につき1人1回までの申請が可能で予算の範囲内で助成します。
なお、会員の家族が保養施設を利用する場合は、会員と同伴の時に限り助成の対象となります。

※家族とは、会員の配偶者、子、孫及び祖父母までとします。

利用方法

1.予約は施設に直接行ってください。利用が決まりましたら、評議員が会員(利用者)の代理人となり、事務局に利用日の1週間以上前までに「施設利用助成券交付申請書」を提出してください。
利用助成券を発行します。

2.会員への独自サービスを提供している施設では、チェックインの際に会員証を提示し、精算時に助成券をお渡しください。
施設の利用宿泊料金から助成券分を差し引いた額をお支払ください。
(例)会員と配偶者、子2人の計4人の場合、4,000円を差し引いた額が支払額となります。

利用助成券(見本)


助成対象契約施設一覧はこちら